読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうふ、おいしいね。

世間の荒波でサーフィンできるようになりたい。

人身御供

男だろうが女だろうが、日本人の感性なのかわからないけれど、
誰か一人ミスを犯した途端、生身の人間を見つけたゾンビのように我先に、さらに怪我を負わせて個人情報を世界中にばら撒き、ありとあらゆる性癖を暴露され、過去の人間関係から付随する人々にまで追求が及び、本人が死ぬか周りの誰かを死に追いやるまで追従の手を緩めないのが今の社会だと思っています。

連日の子供の不祥事に親が謝罪するのも然り。
子供が成人していても不祥事を起こした人の親が謝罪をする。
子供のころからずっと疑問に思っていた。
親からも、成人していても子供が犯罪するとこうなるんだよ!だからやるな!と教え込まれていた。なぜだろう?
責任を負うのは誰か。当然本人でしょう。
監督責任は20歳過ぎたら、親元から離れたら、無くなるのは当然なのではと思ってしまう。
親の育て方が悪いから?親は気が付かなかったのか?
なぜだろうか。
人の身になって考えてみろって子供のころから教わってきた。
それは、犯罪者の身内の身になって考えてみろっていうよりもむしろ被害者の味方になって助ける事が正義という思考にすり替わっているように思う。
本当は、全ての立場から考えられれば良いと思うのだけれど、手っ取り早い感情移入が出来るのは被害者の立場なのよね。

いまの世の中に飢えてるのは攻撃対象があること。
ストレス発散と正義という名の自己顕示欲を満足させる事ができること。
手軽に行えて、自分の手を汚すことなく、低リスクで楽しめるのがインターネットだ。

人の心と生活をあっという間に壊すことができる世界。
でっちあげでも一人歩きして行ってしまうのがインターネット。
インターネットこそが心を壊すのに最も最適なツールなんだと思う。

スマートフォンが普及して、PCより手軽にインターネットを楽しめるようになったいま、誰がどこでどのような形で巻き込まれて第三者の手によってインターネットにアップされて事件に巻き込まれないとも限らない。
もうそういう時代に来たのだと思う。

総務省|平成27年版 情報通信白書|インターネットの普及状況

環境を変える、卒業してみる、やめてみる(3)

帰る日。
あっという間の3日間。
もっと色々やろうと思った事、行こうと思った所、
やっぱり全部は無理だった。
だからまた来ようねって思うのかな旅行ってやつは。憎いね!

最後に2人と3人にとって忘れられない場所に。
感慨にふけってる所じゃなくて、実はポケモンやっていたという。
すみません、感動的な話とかないんで、本当にすみません。
超観光スポットなのでレアポケモンだらけでウハウハだったんです。
とまあ、遊びつつも色々と考える事しかり、子供のサイズが当時よりも大きくなったことに感慨深くなってみたり、暑さにうんざりしたり。

友人とは帰りは別行動なので、子供と二人でまた海に寄った。
夕日が落ちて宵闇がこんばんはするところまで見てきた。
すんごいキレイだった。
あっちこっちにカップルがいた。
夏だね。絵になるね。

自分にもそんな時代があったな。
元夫とは怒涛の日々の連続で、デートらしいデートはあんまりしなかったな。
子供が大きくなって落ち着いた頃でもいいかなーと思っていた。
いきなり終わりが来るなんて誰も思わないもの。
予兆はあったし、別れる宣言されていたけど、それでも先でいいやと思っていたの。
先延ばしにして良いことなんてあんまりないんだね。
できる事は、実現できそうなことは、早めに、何度でも繰り返して、何度でも楽しんで苦しんで悲しんでいけばいいんだと思う。
分かっていたはずなのに、思い出すのが遅すぎたんだね。

そんな事を考えながらぼろぼろ泣いた。
子供も一緒に何故か泣いた。
楽しかったよねー。また来たいねー。って話をしながら。
子供に「彼氏作らないの?」って聞かれた。
バーロー。彼氏も旦那も死ぬまでお断りだ。って言っておいた。
誰かに寄り添うのも悲しくなるのも今後一切お断りです。

それと、もう一つ心に思いとどめておこうと思った事をつい先日子供に打ち明けたわけです。(まだ続きます)

環境を変える、卒業してみる、やめてみる(2)

奇しくもPOKEMON GOのリリース日。
早速ポケモンゲットだぜ!

とかしながら、子供とよく行った以前の住居の近くにある銭湯(温泉)に。
久しぶりに来たのに、もうずっとここに居たような不思議な感覚。
風呂から上がって帰ろうとしたとき、子供が以前と同じように同じ出口から出ようとしていて「あっ」となっていた。そうだね、もうその出口からはお家に戻れないね。
(´・ω・`)こんな顔になってしまった。

翌日、友人と合流。
本当に遠路はるばる申し訳ない・・
早速その足で海沿いドライブ。途中で海に寄り道。
夏に浅瀬で遊ぶのは本当に久しぶり。
しばらく堪能して目的地の水族館。
前に来た時は冬で、人もまばらだし雪は降ってるし寒いし。
今回は暑いし人多いし。まったく違う風景だった。
夕方になってきたのでもう一つの目的地のレストランへ。
早めに入らないと外まで列が出来る人気店なのですが、なんとか
滑り込みセーフでさほど待たずに済んだ。
そして最後にまた同じ銭湯に。

子供は気が付いているだろうか。以前同じコースを家族で回ったこと。
前は最後に到着したのは病院だったね。
忘れなくていい、覚えていてほしい、楽しかった記憶と辛かった記憶、どっちもママが抱えてるから、大きくなったらまた行こう。
忘れたくない記憶だったら、ママの引き出しを開ければいいよ。
今回はそれでいいの。もう大収穫。

ニコニコ顔でいてくれてありがとう。
友人もここまで付き合ってくれて本当にありがとう。
感謝してもしきれない。夫と共通の友人。
一連の流れを知っている唯一の人。
ママがもし居なくなったら、この人に聞いてね。
ママよりも何でも知ってるかもしれないよ?

環境を変える、卒業してみる、やめてみる(1)

もうすぐ家族が別れ別れになって1年が経とうとしています。
これまでの1年間、ものすごいスピードで過ぎていきました。
充実していたというよりも、忙しさであっという間だったというところでしょうか。
子供も1年生になり、初めての夏休み。
ワタシと子供とお世話になった友人と、思い出の地へ赴いてみた。
本当は二人で行こうと思っていたけど、心が折れそうだったので殆ど無理やり来てもらった感じです。ありがたや。

スケジュールを一日前倒しでワタシと子供の二人で沢山の導きを下さったお寺へ行った。

ずっと心は晴れなくてモヤモヤしっぱなしでまた導きが欲しいという甘えでお話をさせてもらいに行った私をまるごと受け入れてくれました。
もう、ちょっとお話を聞いて、ではさようなら!ではなくて、好きなだけ、時間が許すだけ、心が落ち着くまでここに居ればいい。遠い地から来たのだからそれに見合うだけの時間ここに居ればいい。と仰って下さったのでめいっぱい体を癒させてもらい、お話を聞いてもらい。

あなたは誰かに遠慮しすぎている。
あなたの人生を生きているのはあなただ。誰に遠慮する事があるんです?
迷っているならすぐに答えを出そうとしなくても良いのです。
自分自身の事を受け入れてあげないで、だれを受け入れてあげられるのでしょうか?
本当の答えはそれからでも遅くないのですよ。
誰かの評価を気にしていたら自分の本当の気持ちなんて気が付きません。
全ては自分の心のままに。

という言葉を頂いてまた号泣した。
何度目だろう、この方の前で号泣するの。
泣くまいって絶対決めてきたのに。

考えるのいったんやめた。
とりあえず、子供と楽しかった記憶を残したい。
そんな思いから旅をする事に決めたんだ。
思い切り楽しもう。

ワタシ、30代最後の夏季休暇。
子供にとっては初めての小1の夏休み。

めげそう

どうしようもなくめげそうになっています。
何が原因かは分かっていて、どうしたらいいかも分かっていて、それでも先に進めないのは自分に自信がないからだというのも分かっていて、無気力になっています。

何かをまた一つ一つ積み上げて自信につなげていくというのも、やりたくない。
多分これを書いている時点でどうにかしたくて書いたらどうにかなるんじゃないかと思っている。甘いね。
気分転換に美容院にでも行ってみるかと思い立った。
いつもは人に会いたくないのと自分でやったほうが安上がりなのでチョキチョキやってましたが子供が髪の毛伸ばすからつきあえというのできれいに伸びるように剪定してもらおうと思っている。

テレビを見ていて、子供から言われた言葉に胸が痛む。
「あの子はパパもママもちゃんと帰ってきたんだ。いいなー。私にはいないもんな」
子供なりに当たり散らしたいのを我慢してのこの言葉、つらい。
「ママがいるじゃない!」と言ったら「そうだよね!」と返された。
かなり気を使ってくれる子に育った。
良いことなんだろうけど、ちがうよな。

本当にコレでいいのか?
気持ちと体が回復してきて余裕があるからそんな考えになるのか。
本当にやらなきゃいけないことから逃げようとしているのか。

絶賛混乱中です。
うつもぶり返してるんだろうけど、まだこうやって書いていられるだけマシ。
誰かに聞いてもらいたいだけ。女特有のめんどくさい行動ってやつですよ。
察してちゃんやかまってちゃんになるのはダサいと思ってるので、擦り切れないギリギリでなんとか回復していければと思います。