とうふ、おいしいね。

世間の荒波でサーフィンできるようになりたい。

人身御供

男だろうが女だろうが、日本人の感性なのかわからないけれど、誰か一人ミスを犯した途端、生身の人間を見つけたゾンビのように我先に、さらに怪我を負わせて個人情報を世界中にばら撒き、ありとあらゆる性癖を暴露され、過去の人間関係から付随する人々にま…

環境を変える、卒業してみる、やめてみる(3)

帰る日。あっという間の3日間。もっと色々やろうと思った事、行こうと思った所、やっぱり全部は無理だった。だからまた来ようねって思うのかな旅行ってやつは。憎いね!最後に2人と3人にとって忘れられない場所に。感慨にふけってる所じゃなくて、実はポケ…

環境を変える、卒業してみる、やめてみる(2)

奇しくもPOKEMON GOのリリース日。早速ポケモンゲットだぜ!とかしながら、子供とよく行った以前の住居の近くにある銭湯(温泉)に。久しぶりに来たのに、もうずっとここに居たような不思議な感覚。風呂から上がって帰ろうとしたとき、子供が以前と同じよう…

環境を変える、卒業してみる、やめてみる(1)

もうすぐ家族が別れ別れになって1年が経とうとしています。これまでの1年間、ものすごいスピードで過ぎていきました。充実していたというよりも、忙しさであっという間だったというところでしょうか。子供も1年生になり、初めての夏休み。ワタシと子供と…

めげそう

どうしようもなくめげそうになっています。何が原因かは分かっていて、どうしたらいいかも分かっていて、それでも先に進めないのは自分に自信がないからだというのも分かっていて、無気力になっています。何かをまた一つ一つ積み上げて自信につなげていくと…

「良かった」に「でもね」は要らない

www.huffingtonpost.jp 埼玉県朝霞市の未成年者誘拐事件、誘拐された子が無事に保護されて本当に良かった。子供がいる身としては気が気じゃない事件です。丸二年も、成長過程を楽しみにしていた気持ち、子供自体も愛されたかった時間、全てを奪って良いもの…

昨年の今頃

わたしと娘は二人で金沢に居た。夫は別の治療と義両親から地元に戻ってくるようにと言われて帰ってしまったため、取り残された形になる。実家からは帰ってこいと言われてるし実家に帰ってしまおうかな、でも夫からは一緒に暮らしたいと言われているしな、義…

わたしでもムッとするときはある

馬の耳に念仏よろしく、何を言われても大抵の事はめげない私ですが、ㇺっとする時はあるわけでして。自分の容姿がデブスなのは自覚してるから気にしていないのだけど、よくある蹴落とし方の言葉にㇺッとするときがある。その言葉をメモしておこうと思う。・…

非情かどうかはさじ加減次第で変わるじゃない?

夫との関係。私の方としてはもう既に『終ったこと』と思い、心の中を粛々と処理しているところですが、夫の方からしてみたらそうはいかないのが現実。いま夫は実家で静養して時を待っている。私にはもう応えてあげる術はないし(超遠距離)、子供に執着(当…

賞味期限はあくまで美味しく食べられる期限(解凍肉は除く)

メンタル落ち込み気味のとうふです。その割には「めしのたね」は絶賛毎日更新中です。 先週あたりから気になってたコレ。 grapee.jp とても良いと思います。良い取り組み。海外だと日本みたいにタイムセールとか期限切れになりそうなものを値引きにしたりし…

飯とお笑いと旅行

とある外人さんが言った。日本のテレビは、「飯食ってる」か「お笑い」か「旅行」しかないと。それに加えて日本人を褒め称える番組が増えてると思う。でも、確かに確かに!アニメは深夜枠が多いし、もしくは千葉テレビだし。テレビつけてもご飯食べてるシー…

期待されていない事に安堵したり落胆したり

嫌われるのが怖いと、常々思っている。何と戦ってるんだかわかりませんけれど、とにかく嫌われるのを恐れている。ああ、この人私の事嫌いなのだなと思ったらすぐに離れる。これ以上嫌われるのを恐れて。でも、他人はそんな事それほど気にも留めていないんだ…

なかなか決着しない保育園問題

anond.hatelabo.jp 先日からずっと話題になってる保育園問題について。あっちこっちで話題ですね。保育園落ちた日本死ね!!!は名言です。多くのお母さんたちが心に思ってるけど口に出さない言葉じゃないでしょうか。保育園落ちたら死活問題ですよ。どこに…

異常な執着を持つものに個人で対抗する術は逃げる事だけ(2)

前回ちょっと誤解を招く表現があったので訂正です。弁護士さんを通して市役所等に裁判の申し立てをできるとありましたが、正しくは相手におおまかの所在地が知れている場合(都道府県レベル)に申し立てをすることが出来ます。また、さらにこれは最悪な事で…

異常な執着を持つものに個人で対抗する術は逃げる事だけ(1)

前回の記事と同じような投稿になりますが、私の過去に起きた体験をひとつ。 sakutan3.hatenablog.com これまでどうしてもインターネットをしている全ての人にこれを伝えたくて同じ事を何度もアップしてきました。その度に危険に晒されてきました。そんなお話…

生まれ持ったものと、生まれ持ったものが重なる時

三つ子の魂百までとはよく言いますが、持って生まれた性格というのは絶対あると私は確信しているわけで、子供時代の躾次第で性格はある程度変わるかもしれませんが、根っこは変わらないものだと思うのです。心が壊れやすい器と、ある程度壊れそうになったら…

儲け話で本当に儲かるのは「儲かるよ」って言っている人だけっていう話

ちょっとえぐい話。そして広告・宣伝じゃないので安心してね! 最近は下火になってきましたけれど、情報商材ご存知ですか。うむむ怪しい響き。情報商材。何かの情報を販売するってことですね。一時期よく流行りましたね。今もまだぼちぼちとあるようですが、…

父子家庭の遺族年金問題

夫が亡くなった時は、遺族年金が母子家庭となった家族に支払われる。2014年以降、妻が亡くなった時でも遺族年金が父子家庭にも支給されることになったのですね。知りませんでした。2014年以前、制度が変わる前何が起きていたか。2011年、まだ記憶に新しい東…

母子家庭が孤独に陥る現象

核家族っていう言葉があまり聞かれなくなってきて久しい。離婚した世帯は片親+子供のリミテッド世帯になるのかな。言い方が良くわからないですけれど。母子家庭・父子家庭で親が病気などに陥るとあっという間に家庭内の情報が外に出てこない孤独な世帯に陥…

こどもとわたしの日々(6)忘れちゃった

ちょっと悲しい話。夫から離れて5か月目を迎えようとしている。誕生日が目前のとある日。娘が、パパについて話を振っていたのだが、ふと娘が「あれ・・・どうしよう、パパの名前が思い出せなくなっちゃった」と言い始めたゆっくりでいいから思い出してごらん…

育児休業(休暇)について話題になっていたので・・・

ブログしばらくお休みしていたにも関わらずアクセスしてくださった方ありがとうございます。本業と子育てが多忙になってタスク処理しきれなくなっておりました!育児休暇が話題になっていたので低所得者層に該当するわたしからもちょっと。 育児休業のアウト…

やさしいココロの壊し方(1)最初の記憶

またシリーズものになってしまいますが、おつきあいください。(気が向いたらあれこれ書くスタンス)誰でも心に傷を負う経験をそれこそ大小たくさんしてきていると思います。わたしもありきたりな内容かもしれませんが、心に傷を負う経験を沢山してきました…

こどもが障害を持っているかもしれないといわれたらどうしますか?

【過去話です】通っていた保育園で、子供が自我が強いのとなかなか周りに相容れない事から発達障害の疑いありと言われ、保健所で確認のための検査を受けてくださいと言われたことがある。突然の事にためらった。悩んだ。夫にも伝える。夫から出てきたのは斜…

こどもとわたしの日々(5)愛があふれちゃったとき

一昨日こんなことがあった。子供が時々あふれちゃってどうしようもない気持ちをぶつけてくる時がある。そんな時は、大げさに受け止めてやる事にしている。そうすると更に幸せそうにするしこれでいいのだ。だが時と場所は選ばない。

こどもとわたしの日々(4)女は度胸・女は愛嬌

娘が鋼のメンタリティとポジティブだという話 娘が度胸ありすぎて困ることがある。犬や動物が好きなのだが、何度痛い目にあっても↑コレをやる。あまりに何度もやるので、前から犬を連れた方が来た時には手を引いてダッシュで逃げるか、追いつけない時は飼い…

こどもとわたしの日々(3)うたってよ

時系列バラバラだけれど思いついたら書くスタンスで!深夜で仕事が行き詰ったのでちょっと書き逃げです。1歳くらいから歌を歌い始めた娘。まだ言葉も話せないけど、オリジナルのメロディで歌う。録音してあるので彼女の晴れ舞台に流してやるんだ…という意気…

人に恵まれてるっていう話(5)祖母の伝説:言霊の話

今月のPVが100行きましたというお知らせがきました。なんというか、恥ずかしいやら有り難いやら…ありがとうございます。1日1記事目指して思いつくまま書いておりますので、読み手の事など全く考えていない(と言ったらウソになりますが)自分の半生を振り…

こどもとわたしの日々(2)初陣

これは、出産時の話。子供を産むのは初めてのわたし。誰でも初めてだと思いますが、巨大な敵に立ち向かっていくあの感覚。もしかしたらこのまま死ぬんじゃないかと思うあの感覚。殺されるんならいっその事戦ってやるっていうあの感覚。懐かしい。時は出産予…

こどもとわたしの日々(1)初老の女性からのことば

私には娘が1人。尻尾の生えた丸顔で毛むくじゃらの息子が1匹。どちらも同じくらい可愛い子供。犬が子供なんて!と思うかもしれませんが、どうやってもあれは息子ですよ…。人間と同じように文句垂れますからね。さて、自分は鳴り物入りで結婚をし、子供を授か…

人に恵まれてるっていう話(4)恩師はイケメン釣瓶さん

思えば中学生くらいから自分の進路を決めていたように思う。高校は家庭の事情で選んだ。大学に進めと言われていたが、美術大学はどこも遠いってんで、一応電車で通える距離の専門学校に進むことにした。高校でコンクールなどに積極的に応募していい子ちゃん…